左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る
朝のスタッフ会議
2008年10月3日
■ 美味しくなる、すきやき鍋
日本の鍋料理と言えば、すきやき。 坂本九さんのヒット曲「上を向いて歩こう」はイギリスでは、なぜか「SUKIYAKI」 世界でも、すきやきは親しまれて来たのかもしれません。 最近、お客様から「すきやき鍋のおすすめは?」とご相談をいただきました。 十得鍋のテーブルポットや ルクルーゼのビュッフェキャセロールなども 形状的には良いですね。しかし、個人的には違和感があるのです。 小さい頃から我が家で愛用していたお鍋のイメージが強かったのかもしれません。 私にとっては、すきやき鍋は、以下の黒い鉄鋳物の鍋なのです。 昔からデザインは全く変わりません。しかし、今でも時代を感じさせないですね。

あの黒い鍋肌こそ、すきやきを美味しく魅せてくれるのです。 もしかしたら、このお鍋は、私が生まれる前から存在していたかもしれません。 それほど長い歴史をもつお鍋です。丁寧に使っていただけば、ほぼ一生ものでしょう。 調べてみますと、このお鍋をデザインしたのが、山形県生まれの工芸デザイナー 芳武茂介(よしたけもすけ)さん。 戦後のモノのない時代に、いち早く家庭用品にデザイン性を求めた先駆者です。 「私はデザインの姿勢に立つ工芸家のつもりで仕事を続ける」と言われて、 堅い印象のある工芸品に、機能性も加味したデザイン性を追求してきました。 まさしくこのお鍋は、「デザインの姿勢に立つ工芸品」を感じることができます。 この山形県の鋳物は、なんと1000年近い歴史もあるようです。 そういえば、あまり知られていないのですが、 ピース圧力鍋も山形県の鋳物(アルミ)なのです。


画像クリックで拡大されます。

つまみは丁字でつかみやすく、本体と一体成形で、損傷もしづらく、お手入れも楽です。 さすがに厚味があるので、重いですが、この厚味がほどよく食材に熱を伝えて美味しく仕上げます。 これは、本物の重さですね。類似品などは、へんに軽いのですが。 もちろん、油のなじみも抜群で、すきやきだけではなく、やや深みはあるものの、餃子も美しく焼き上げることができそうです。 内面は美しく磨きがかけられ、全面にわたって手塗りの本漆が焼きつけられています。 これは、一枚一枚に何回も手作業で漆を塗り重ねていく昔ながらの焼付け方法。 漆は金属との密着性が大変良く、耐久性にも優れ、腐食にも強い特性があります。 さらに、鋳物肌の持っている美しさをそのまま生かす金属塗装では、最高の技法とも言われているそうです。 この仕上げのせいか。お手入れも良かったのか。我が家のお鍋は、いつもピカピカで錆など浮いていませんでした。 やはり、外観は美しいです。鍋専門店の当社が扱う中でも、本当に美しい仕上がりというか 質感をかもし出しています。これこそ、メードインジャパンに相応しい商品です。


画像クリックで拡大されます。

その仕上げのために、鉄フライパンのように、金たわしやクレンザーなどは使わないように気をつけていただきます。 使用後は、鉄フライパンのように、汚れを落して、弱火で水を飛ばして、油を薄く塗布いただくと 状態が使うこごとに良くなって参ります。使えば使うほど味わいが出てきます。 また、電磁調理器でもご利用はいただけます。 さて、日本のすきやきですから、日本のお鍋がマッチするようにも思うのです。 (ちなみに、十得鍋は日本製ですが。) ですから、イギリスの皆さんにも、やはりこのお鍋でSUKIYAKIをご紹介したいものです。 それが、「SUKIYAKI」ならぬ、本物の「すきやき」のように感じてしまいます。 そして、「上を向いて歩こう」の歌詞にある♪「一人ぽっちの夜」ではなく、家族揃って、このすきやき鍋を囲む光景も、実に絵になります。歌詞に登場する二人は、離れ離れになっている印象ですが、 きっと二人でいつか「SUKIYAKI」を食べれることを夢見ているのでしょう? 勝手な解釈ではありますが。


画像クリックで拡大されます。

商品名 注文番号 仕 様 税抜き価格
鋳心ノ工房
すきやき鍋丁字

707-063 目安2〜3人用 内径:24cm
内径:22.5cm 幅:30cm
内側底面径:21cm
高さ:5.5cm 重さ:2500g
¥6,000
只今欠品中。 入荷未定です。 
鋳心ノ工房
すきやき鍋丁字

707-064 目安4〜5人用 内径:28cm
内径:26.5cm 幅:34cm
内側底面径:23.5cm 
高さ:6cm 重さ:3100g
¥7,000
只今欠品中。 入荷未定です。 
お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.