料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

道具選びの眼

2013年12月17日

日本製の味わい鍋

ルクルーゼやストウブ等の 海外生まれのお鍋が知られるようになりましたが、 和食という点では、日本製のお鍋をよりおすすめできます。その一つが、味わい鍋です。 メーカーの文化軽金属鋳造は、鋳物の町、埼玉県川口市にある鋳物メーカー。 昔ながらの羽釜からはじまり、文化鍋を世に送り出した会社でもあります。 そして、どうしたら美味しくなるかの理にこだわり、改良を重ね続けてきたお鍋がこちらのお鍋です。 また、日本で生まれたお鍋ですから、和食を前提にお鍋が開発されています。 美味しい和食を目指すなら、この味わい鍋もお役立て下さい。

まずは、ご飯が美味しく炊けます。 ルクルーゼ等の素材はホーロー鋳物ですが、味わい鍋はアルミ鋳物です。 二つを比べると、アルミ鋳物の方が、熱を全体にむらなく、 しかも早く伝える点で優れています。 亀印文化鍋でも 評価が高いですが、アルミ鋳物の素材は、炊飯には相応しいです。 加えて、お鍋の底面の縁に注目して下さい。 味わい鍋は、丸みを帯びています。ルクルーゼ等は、やや角ばった作りです。 この丸みがあることにより、鍋側面への熱の伝わりを良くしています。 鍋底面と鍋側面との温度差が少なくなります。この点でも美味しくなる熱廻りを実現しています。 また、丸みがあることにより、汚れも落としやすくなっているのです。

上写真が片手鍋18cm、その下の写真が補助手のある片手鍋20pとなります。

底面は丸みを帯びた形状ですので、側面への熱が伝わりやすく、「Design M.shimazaki」の刻印が 入っています。蓋はやや重くなっているため、蒸気を逃しにくい構造です。

厚みがある(底面5mm、側面3.5mm)ので、蓄熱性にも優れています。 その点では、特に天ぷら等の揚げ物におすすめできます。 煮物等では、「沸騰したら弱火」を原則にしていただけば、温度むらがない穏やかな熱廻りを実現します。 肉じゃなどは、蓋をして沸騰したら弱火で、美味しく仕上がります。 また、蓋と本体のかみ合わせが精巧にできていますので、蒸気が漏れにくくなっています。 加えて、蓋には適度な重さがあるので、蒸気を閉じ込めて熱を逃しません。 そのため、鍋内が蒸し器のような状態にできるため、蒸し物と同様に栄養価を逃さず、 食材そのものの味を引き出します。 その点も、食材そのものの味を楽しむ和食の精神にも通じています。

そして、厚みがあるものの、それほど重さを感じないのが最大の特徴かもしれません。 蓋はあえて重さを意識していますが、本体は、厚みがある割には軽くて扱いやすい。 毎日の道具としては、相応しいと思います。 また、内面はフッ素樹脂加工が塗装されているので、汚れが落としやすいメリットもございます。 ただ、フッ素樹脂加工は、お手入れは柔らかいスポンジが原則で、 焦げ付かせた場合は、一旦お水を張って、焦げを柔らかくしてから落としていただきます。 その点では、火加減が強くならないように、沸騰したら弱火、 焼き物や炒め物であれば、予熱したら弱火を守って下さい。 その火加減により美味しくできますが、お鍋にも優しくなります。

味わい鍋深型鍋22pです。 本体と蓋のかみ合わせがよく、蒸気が漏れにくく精巧にできています。

味わい鍋深型鍋22pの蓋は、フライパン用途にもお役立ていただけます。 また、味わい鍋のレシピ集「味なお洒落」(82ページ)がどのお鍋に入っていて、 深型鍋と角型鍋には、布製の鍋つかみが付属されています。

角型鍋24pは、おでんやロールキャベツが並べやすく、そのまま卓上に出すこともできます。 蓋はフライパンにもなり、魚や肉を一度に沢山焼くことができます。 なお、角型鍋の蓋は、溝がついて、油などを落としてカラリと焼けるようになっています。 本体と蓋の持ち手は、やや反っていて、取り出しやすく工夫されています。