左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com
朝のスタッフ会議
2016年12月6日

ambai珈琲コーヒーカップ

今回、有田・波佐見の窯元に伺い、ambai珈琲マグを作っている光玉陶苑さんを訪れました。 先日の旅日記では、デザイナーの小泉誠さんと 光玉陶苑さんのやり取りをご紹介いたしました。 こちらはマグだけではなく、ambai珈琲としてシリーズ展開がされています。 小泉誠さんの特徴的なデザインに加えて、優しい艶感が魅力的な波佐見焼です。 今後、少しづつ、ご紹介して参ります。 本日は、基本のコーヒーカップです。 満水容量が150mlですので、コーヒーカップとしては、見た目以上に小ぶりな印象です。 これぐらいの量の方が上品なのかもしれません。

同じコーヒーカップを積み重ねて収納ができます。 この重ねた時の佇まいも良いですね。 そして、椀皿が竹製となります。 こちらは国産の竹で、土佐・高知県で作られています。 こちらを作られている土佐龍さんには、昨年お伺いいたしました。 この土佐の竹皿が、波佐見焼にお似合いです。 コーヒーカップというと洋食器でくくられますが、この竹皿によって 和食器の雰囲気となります。 日本人がコーヒーというよりも珈琲を楽しむ上ではお似合いです。

この竹皿も積み重ねることができます。 こちらもこちらで、独特な風合いを醸し出しています。 椀皿だけではなく、和菓子や果物はじめ 工夫次第で様々な場面で使えそうです。

今回、窯元の方とお会いして、ますますこちらのamabi珈琲シリーズをご紹介したくなりました。 作り手の思いがぎっしりと詰まった逸品です。 ご自分で珈琲を淹れていただき、ゆったりとした、くつろぎの時間をお過ごし下さい。 こちらのコーヒーカップと竹皿が豊かな癒しを注いでくれることでしょう。

商品名 注文番号 仕様 税抜価格
ambai珈琲
コーヒーカップ
708-591 外径8p 高さ4.4cm
最大幅10.5cm 満水容量150ml
¥1,700
ambai
竹皿M
708-592 外径13cm 高さ1.35cm ¥2,500

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.