料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Instagram 利用手引 ブランド カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

藤井器物製作所 水切りボール3WAYのご意見

おけいさん(東京都葛飾区)2014/6/21

お米とぎボール使ってみたら、水切れの早さに嬉しいビックリです。 水切りの穴も高い位置にあるから、洗ったお米が全くこぼれません。 その前は安い水切りボールを使ってたのですが、水切りの時に、お米がこぼれないように手で抑えたりしても、 少しこぼれたりしていたのに、お米が落ちることがないなんて凄すぎる。 とっても快適です♪ お米を研ぐ機会は多いので快適な道具になると気分が良いです。 米とぎボールにしては高いけど、どうしようと思っていましたが買って良かったです。 タカツさん(フライパン倶楽部)のコメントは、とても参考になるんですが、 本当に気が利いてる商品で満足しています。

スタッフより:
いつもご利用ありがとうございます。 研いで濁った水が吸水されてしまわないように、手早く水を切る必要があると思います。 特に一番最初の時は、一番濁りますので、手早さが求められます。 その手早さをご評価いただきありがとうございます。糠臭さも解消されるのだと思います。 今後ともお役立て下さいませ。

Tom子さん(神奈川県横浜市)2012/5/15

藤井器物製作所の水切りボール3WAYを購入させていただきました。 米とぎに使っていたざるとボールの使い勝手が悪かったため、探していたところ、フライパン倶楽部さんのHPに出会いました。 ざるとボールを買ったと思えば、そんなに値段も気にならないと思い、 しかし、ほんとにそんなに便利なのかなとちょっと疑ってみつつ、使ってみましたところ、 一言で言うと、「米とぎ、楽し〜!」 ざるとボールで十分だと思っていた自分はおろかでした! 米とぎの時間も手間も半分以下です、そして、米をとぐのが面倒だったのが、うそのよう、毎日鼻歌まじりで米をといでいます。 もちろん、米とぎだけじゃなく、野菜のあく抜き、和え物、パスタと、今や、 ほかのボールとざるの出番はほとんどなくなってしまったほどです。 内側が艶消しなところも、よごれにくく、素敵です。 素敵な出会いをほんとうに感謝です、ありがとうございました!!

スタッフより:
丁寧さよりも手早さを優先させる点では重宝ですね。 ザルとボールの組合せに比べると、洗い物も少なくなると言えます。 また、外側と内側の磨きの違い等に日本製を感じていただけることでしょう。 米研ぎを楽しまれて下さい。

S.Oさん(京都府京都市)2010/1/23

年末に藤井器物製作所の水切りボール3WAYを購入いたしました。 一言で“感動!”です。我が家は1度に5合のお米をたくのですが、そのお米を研ぐのにこのボールを使いました。 すごく研ぎやすく、片寄せればすぐに水切れが出来ます。ほんとうにスムーズに何度も水をかえて洗えます。 まっすぐ置けば普通のボールとして使え、右に傾ければキャベツの千切りやごぼうのささがきを水にさらしておき、 左に傾ければ水切りOKです。見た目も美しく、機能的にも良く考えられたボールだと思います。 ほんとうは、娘が結婚するので、台所用品の1つにと購入したのですが、私が使いま〜す。 (毎日使って絶対ボールも喜びますよネ)

スタッフより:
お声をありがとうございます。 5合という量も相応しいのかもしれませんね。 上手に使っていただけば、米研ぎだけではなく、さらして水を切る用途にも活躍します。 もちろん、毎日出番があれば、道具も嬉しいのか、生き生きと見えて参ります。