左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き カートを見る Instagram

ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
オリジナル企画

カテゴリー

フライパン
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
調理家電
卓上用品
食器
木製品
保存容器・弁当箱
布製品
掃除道具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
ブランド一覧
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

鉄フライパン焦げ付きの原因


1.樹脂加工フライパンから取り替えた場合(火加減が強すぎる)

現在、フライパンと言えばまず樹脂加工(テフロン等)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 事実、多くの方がお使いです。「こびりつかない便利なフライパン」に頼っているわけですね。 スピード社会の今、私たちは時間に追われ料理をスピーディーにということで、 「強火で熱すれば速くできる」心理が働いてしまうように思われます。 ”表面の皮膜がダメにならない限り”火加減が多少強すぎたり、油の量が足りなくても 焦げ付かずに料理ができてしまう樹脂加工のフライパンに多くの方が頼ってしまうわけですね。

これとは逆に、鉄のフライパンは料理する材料に合った火加減、適切な油の量を間違えると、 素材を焦がしてしまいます。 なぜなら、樹脂加工のフライパンと同じ感覚で使うと 「より強い熱量が伝わる」のが鉄板の特徴だからです。

解決方法

  1. 火加減をいつもより弱めにすること
  2. 料理に必要な油の量をみつけること
  3. 説明書の「油返し」をきちんとおこなうこと


2.フライパンを洗いすぎてしまう(なじんだ皮膜ができない)

鉄は料理するたびに油が表面に吸収され次第になじんでゆく性質をもっています。 ところが、きれい好きな人は料理するたびに洗剤や金属たわしでゴシゴシと磨いてしまうのです。 ステンレスやアルミ鍋ならともかく、鉄のフライパンをこのように洗ってしまうと 「せっかく油がなじんだ表面をわざわざこすり落としている」ようなものです。 自らフライパンを使いにくくしてしまっているんです。

解決方法

以下の手順でお手入れしてくだされば、完璧です。
  1. 料理が終わったらすぐに(鉄は時間がたつほど汚れが落ちにくい)
  2. 洗剤を使わず、水か湯沸し器のお湯だけで洗う(亀の子たわしやスポンジで)
  3. 洗った後の水を振り切ってコンロにかけ、強火で熱して半分ほど水滴が蒸発したら火を消す。
  4. 熱が冷めたら収納する
これなら、洗剤を使わないし、表面をきずつけないから錆びずに、 しかも早く油がなじんで使いやすくなります。

3.焦げ癖のついたフライパン(いつも同じ場所が焦げる)

鉄のやっかいなところは、一度焦げると、焦げた成分が表面に残って、 次に料理したときに焦げてしまうところです。 しかし、これは直せますのでご安心を。 焦げ付きは頑固に見えて表面だけです。 では、以下のように行ってください。

解決方法

  1. 普段のお手入れとは違い、まずクレンザーと濡れたナイロンタワシで 鍋の内側をゴシゴシ磨きます。(油膜を全部とるため)
  2. 磨き終わったら、水できれいに洗い乾かします。
  3. サンドペーパー※で鍋の内側を徹底的に磨きます。 磨き終わったら水できれいに洗い、水分を完全にふきとります。
  4. 強火で、最初に行った「空焼き」をします。
  5. 玉虫色に焼けたら火を止め、熱がある程度冷めてから「油ならし」をおこないます。
この手入れは何回やっても(つまり、何回失敗しても)さしつかえありません。 鉄は、表面になにもコーティングしていないタフな素材だからです。 何度でも玉虫色の酸化皮膜がよみがえります。

ちなみに、このお手入れは「焦げ癖をなおす」他に、 「万一錆びた場合」や「お手入れを怠って汚れが分厚くこびりついたのを落とす」 時にもフライパンをリフレッシュさせる方法です。

※サンドペーパーは、ホームセンター等で販売しています。 サイズは週刊誌大で、価格はおよそ¥100位です。番手は80〜100番のものをご使用下さい。
お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.