左メニュー

料理道具専門店 フライパン倶楽部 Since1998 Faith&Responsibility Company

ホーム 会社案内 ご利用手引き お問合せ カートを見る

マルホン胡麻油 おすすめの理由その1タイトル


「ごまかす」(胡麻化す)という言葉の由来は隠し味。 胡麻や胡麻油を加えれば、その料理がおいしくなる。 一説では、胡麻を加えて普段よりおいしくしたものを 「胡麻の味に化した」とする。 古くから日本でも胡麻が愛されてきたことを象徴する言葉だ。

まず、禅宗の寺院を中心に、精進懐石料理として用いられた。 一説には聖徳太子をはじめ徳川家康や伊達政宗も胡麻食を愛していた。 戦国時代には、戦陣兵糧食。 江戸時代には、胡麻は広く一般大衆にも普及し、 食用油としても用いられた。 そして、日本が誇る「天ぷら」の誕生だ。 このように日本の食文化に深く根づき、胡麻は 日本人の長寿にも大きく貢献してきた。

もともと胡麻は、 ナイル川流域で紀元前3000年以上前から栽培されていた。 精力のつく食品として重用されたことがエジプトの記録に残され、 最古の栽培油糧植物とも考えられている。 中国でも紀元前3世紀ころの最古の医学書で延命薬とされ、 古来インドの予防医学書でも推奨されている。 胡麻と胡麻油が世界でも悠久と愛されてきたことが、 これらの事実からも分かる。 やはり、歴史と伝統のある食材は本物だ。

お料理上手は幸せ上手
運営管理 エフアールカンパニー株式会社
〒440-0881 愛知県豊橋市広小路3丁目54番地1 TEL 0532-55-8278
電話受付時間 10:00〜18:00(水・日・祝日定休)

Copyright 1998-2016 ©Faith&Responsibility Company All rights reserved.