料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

美味しさの科学

2010年5月21日・2020年10月31日改訂

加熱講座23 フライパンの調理温度

フライパン調理で重要なことは、調理温度を160〜180度に保つことです。 それは、食欲をそそる美味しい色合いと香りが生まれるからです。 色合いとは、こんがりと茶褐色のキツネ色。 ホットケーキやトースト、餃子の色合いをイメージして下さい。 この色合いは、焦げでもあるので、焦げには、良い焦げと悪い焦げがあることが分かります。 悪い焦げは、黒焦げであり、炭化してしまい食べれません。 かたや、この良い焦げのキツネ色が生まれる調理温度が160〜180度となります。

リバーライト極シリーズの取扱説明書には、調理温度のことが詳しく解説されています。

そして、同じく香りが生まれます。まずは、カラメル化と呼ばれる糖分の甘くて香ばしい香り。 その名の通りで、プリンのカラメルソースは代表例です。 そして、揚げたてのコロッケやフライドポテトなどの油独特のカラッとした香り。 もう一つは、タンパク質と糖分の化学反応によって生まれる香り。 うなぎの蒲焼き、照り焼き、ケーキなどを焼く時に漂う香りです。 フランスの研究者から名前をとってメイラード反応とも呼ばれ、メラノイジンという褐色色素が生まれます。

これら3つの香りが、どれも160〜180度という温度で生まれてくるのです。 幸いにも、ちょうど同じ温度領域。 ところが、調理温度が200度を越えてしまうと、 糖分・油・タンパク質は、どれも炭化して焦げてしまいます。茶褐色が黒色に変貌。 香ばしい香りから、一転して焦げくさい悪臭を生じます。 これが悪い焦げであり、こうなると美味しくもないし、体にも良くない。 たった20度の違いが分かれ道でもあり、ここにフライパン調理の難しさが潜みます。

そして、ガスコンロでは、炎が直接当たる所などは、温度が高くなりがちです。 理想は、フライパン表面全体がむらなく160〜180度になること。 しかも、その温度を一時的ではなく、継続して保って加熱していくこと。 その時、板厚が薄いフライパンだと、直接食材に熱を通しますが、水平方向に熱が伝わりにくい。 しかも、保温性がないので、温度制御がしにくくなります。 そこで、比較的厚手のフライパンを使って、 油返しという下処理をすれば、 理想的な状態を作れます。