料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0532-55-8278 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Instagram 利用手引 ブランド カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

三義漆器 山亀甲汁椀のご意見

AYさん(東京都稲城市) 2014/8/30

いつもお世話になっております。だいぶ前になりますが、三義漆器 山亀甲汁椀を購入させていただきました。 今まで使っていた木のお椀のフチがいたんできていたので、新調しようと検討中でした。 どれがいいかフライパン倶楽部さんの商品もよく拝見させていただいておりました。 素敵だなと思うのは、やはり値段がお高くて…我が家では1つ3000円以上のお椀はちょっとお高いな〜と。 でも、お椀は毎日のように使うものなので妥協しすぎるのはいやだな。と思案しておりました。 そんな中、こちらの6月のウインドウを見ていて「このお椀素敵!」と思ったのが三義漆器山亀甲汁椀でした。 こちらは商品ページでも以前から見ていて、それほど惹かれていなかったのですが、 6月のウインドウにおさまっているこのお椀がとても素敵で「よしこれにしよう」と決意しました。 商品ページではちょっとテカテカしているように見えたので、どうかな〜と思っていたのですが、 実物はそのようなことはなく、木の質感が素敵です。 いつも今月のウインドウを素敵だなと思いながら拝見しています。 これからも楽しみにしています。

スタッフより:
以前の購入品のご感想をわざわざありがとうございます。 商品とは、ウィンドウの中で映えるものもございます。また、キッチンの中でも然りです。 人間も一緒で、証明写真のような個人だけの写真よりも、自然の中で、あるいは、 仲間たちの中で、輝きを増すことがあります。 汁椀でも、味噌汁が入った状態だと違ってくるでしょう。 また、お茶碗や箸、お盆などの組み合わにより、表情が変わってくることもあります。 そんな道具たちのさまざまな顔をお伝えできればと思います。 また、お使いのユーザー様からも、お写真などいただくことがありますが、 やはり違った表情を見せてくれるから不思議です。すでに、その家庭の道具となっているようです。 今後ともご愛用下さいませ。

リコさん(埼玉県南埼玉郡) 2013/9/14

三義漆器 山亀甲汁椀を以前購入しました。 我が家の子ども達3人は汁物が大好きで、毎朝味噌汁をたっぷり飲むのにちょうどいい大きさです。 また持ちやすく、1歳の長男も両手で上手に飲んでいます。 永く使いたいので食洗機には入れず手洗いしています。 この価格でこの品質は毎日使うものとして本当に買ってよかったと思っています。

ゆゆゆママさん(静岡県浜松市) 2013/3/26

今回こちらで三度目のお買い物です。 お正月の来客用に「三義漆器 山亀甲汁椀」を ひとつ買い足しました。 いままで使っていた樹脂のお椀と比べても軽く、熱いものを入れても熱が伝わらず持ちやすい。 何よりいつものお味噌汁がランクアップしたように感じられ、主人にも好評です。 お汁粉を作った時にお餅が底にはり付きましたが、難なく落とすことができました。 漆器なら割れないし、少しいいモノを普段に使うのって、 子どもにもいい影響を与えてくれるんじゃないかなと思います。 食洗機対応なのも魅力的で購入しましたが、手洗いで大事に使っていきたいです。

スタッフより:
汁椀が変わるだけで、お味噌汁が美味しく感じられるものですね。 漆器などの扱いも、基本は手洗いであり、大変共感できます。 大河ドラマ「八重の桜」で、会津藩の歴史を整理させていただいています。 きっと、会津藩士たちは、この会津塗の汁椀で、味噌汁をいただいたことでしょう。 メーカーの名前も、会津らしいと思いつつ、汁椀一つからも歴史を感じることもできます。 その意味では、その産地の歴史を学ぶと、さらに深く商品を知ることができるでしょう。