料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Facebook Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ Facebook Instagram 利用手引 カートを見る
ご相談窓口 0120-08-8271 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
ごはん鍋
ステンレス鍋
ホーロー鍋
アルミ鍋
いろいろ鍋
圧力鍋
IH(電磁調理器)対応一覧
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
調理家電
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
食品
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示

精読「食道楽」春の巻

第六 友人の妹

事情に駆(か)られて婚礼を急ぐほど不幸なる者はなけん。 さりながら今の世には聞く人もまたかかる事情を怪(あやし)まず。

妻君は客の心を察し顔に「そうですねー誰(たれ)か貴客(あなた)に相応した娘さんがありますとちょうどいいけれども、誰かないかしらん。 あの中川さんのお妹子(いもとご)さんが去年の暮にお国から出ておいでなすったそうです。貴客はまだ御存知ありませんか」 客「イエ一向知りません。中川君も大学以来の朋友で国に妹があるという事は聞いていましたが今度東京へ呼んだのでしょうか」 妻君「ハイそうだと見えます。暮に良人(やど)が中川さんへ参ったら中川さんがお引合せなすったそうです。 お国は長崎で料理の事は大層進んでいる処(ところ)ですのにそのお妹子さんは神戸や大阪にお在(いで)でよほど料理がお上手だそうです。 良人はその時お妹子さんのお拵(こしら)えになった豚料理を御馳走になりまして非常に美味(おいし)かったと帰って来て申しました。 私にも是非そのお料理を覚えるようにと命令(いいつけ)られましたから暇の時教(おそ)わりに参るつもりです」

と聞くより客は膝進ませ「それは耳よりです。僕の志願は料理の出来る女房を持って美味(うま)いものを食べたいというのです、 外(ほか)の慾はありません。僕の楽(たのし)みは、ただ食べる事ばかり。 人間は三度の食事を美味しく食べるほど幸福な事はありますまい。 衣食住といいますけれども衣服は木綿でも済みますし家も大概で我慢が出来ます。 三度の食事は一番身に直接ですからこればかりは力を尽さなければなりません。 西洋人は生活費の過半を食物(しょくもつ)に費(つい)やすと聞きましたが、日本人は生活費の過半を無駄な遊びに浪費します。 僕が女房を持ったら毎日相談して美味(うま)いものを拵(こしら)えて二人おとり膳(ぜん)でそれを 食べるのが何よりの楽みにしたいのです」

妻君「オホホおとり膳までおっしゃらなくってもいいではありませんか」 客「マアさ、その位(くらい)な意気組(いきぐみ)ですから料理法に長じた女房を持ちたいと思っていました。 中川君の妹は僕の注文通りです。長崎や鹿児島では娘に料理法を仕込むのが親の役目だと聞きましたがその上に 神戸や大阪で研究したのなら申分ありません。中川君は美男子だから妹子さんも悪くないでしょう」 妻君「私はまだ会いませんけれども良人の話しでは容色(きりょう)も好(よ)いそうです。 中川さんよりもっと良(い)い位だと申しました」 客「それならなおさらだ、年頃は」妻君「二十一、二位だそうです」

客「どうでしょうその妹さんが僕の処(ところ)へ嫁に来てくれましょうか。 奥さん一つ僕の橋渡しになって先方の心を聞いて下さいませんか」 妻君「大層お気の速いこと。中川さんは貴君のお友達ですからともかくも中川さんの家(うち)へ往(い)って その妹子さんに会って御覧なさい。お会いなすった上で是非貰いたいとお思いなすったら御自分でおっしゃりにくいでしょうから、 私が橋渡しをしてもようございます」客「ハイ参りますとも。そんな事がなくとも、今日は此方(こっち)から中川君へ廻るつもりでした。 では早速中川君の家へ出かけましょう。今の事は何分よろしく」と大急ぎにて出いでて行く。 妻君送り出して打笑(うちわら)い「ホントに罪のない人だ」

コメント:
おとり膳とは、男女が差し向かいで一つの膳に向かってする食事のこと。 大原の願いは、「料理の出来る女房を持って美味いものを食べたい」 そして、「人間は三度の食事を美味しく食べるほど幸福な事はありますまい」 大原のように、未来の結婚生活で、どのような食生活が待っているかを想像することは重要なことでしょう。 相手の器量や力量よりも、料理力と言いますか、生活力も吟味していくべきでしょう。 それは、ただ相手に求めるものではなく、男性自身も自分で身に付ける時代になっているようにも感じます。 かたや、自分の理想を率直に語り、しかも橋渡しをお願いして大急ぎで出ていく大原の態度は、 今日の私たちが忘れてしまっていることかもしれません。 気取らず率直に打ち明けていくところに、男女が結ばれる道は開けていくものかもしれません。