料理道具専門店 フライパン倶楽部

since 1970 FR CAMPANY
Instagram ご相談窓口
ホーム 会社案内 ご利用手引き 取扱ブランド カートを見る

料理道具専門店 フライパン倶楽部

MENU
0120-08-8271 10:00〜18:00 水・日・祝日定休 お問い合わせ 利用手引 取扱ブランド Instagram カートを見る
ご相談窓口 info@furaipan.com 10:00-18:30 水・日・祝日定休
ユーザーの声
→投稿する
朝のスタッフ会議
月間ベスト30
フライパン
フライパン
炒め鍋・中華鍋
たまご焼き器
天ぷら鍋
おなべ
包丁・まな板
ボウル・バット
ケトル
キッチン小物
キッチンツール
便利小物
計量道具
バーミックス
卓上用品
箸・カトラリー
ポット・急須
調味料入れ
トレー・クロスマット
グラス・マグカップ
食器
木製品
保存容器・弁当箱
保存容器
弁当箱
布製品
タオル・布巾
エプロン
トートバッグ・ポーチ
リネンアイテム
掃除道具
たわし・スポンジ・ブラシ
布巾・食器拭き
シンクまわり掃除用品
ゴミ箱・ランドリー・インテリア家具
入荷&欠品情報
セール品
おすすめギフト
オリジナル企画
個人情報取扱
特定商取引法表示
TAKATSU furaipan.com

美味しさの科学

2010年10月8日・2012年2月21日・2018年6月12日・2020年9月25日改訂

加熱講座20 圧力鍋の実像

圧力鍋は、その特性を正しく理解すれば、大変重宝なお鍋です。 ところが、最近では「手早く調理できる」という宣伝文句が先走ってしまい、 しばしば誤解を招いているように思います。 そこで、圧力鍋のしくみを整理してみます。 鍋内の気圧を上げて、沸点(沸騰する温度)を高くします。 通常の1気圧のもとでは、沸点は100度ですが、圧力鍋内だと120度以上の温度を実現できます。 この高温が早く調理することにはつながります。

かたや、100度以上の高温は、栄養価や旨みを損なう要素があります。 玄米や豆類などを除けば、食材が美味しくなる適温は70〜90度であり100度以下です。 ですから、適温の低い野菜などは、沸騰したらすぐに火を止めて、余熱(蒸らし)で調理すると良いでしょう。 なお、火を止めてから約20分間は、鍋内は100度以上を保ち続けますので、 この長時間の余熱を有効に利用すれば、省エネにもつながります。 茹でる、蒸すも、ぐつぐつと沸騰を続ける必要はありません。

そして、カレーやシチューなどで、いろんな具が混じるものは注意が必要です。 基本的に、同じ火力と同じ時間で熱が通るように、同じ食材は均等に切り揃えておきます。 そして、火の通りにくい具を取り出して、圧力鍋で事前に火を通しておきます。 火の通りやすいものは、圧力をかける必要はありません。かえって、煮崩れてしまいます。 このように、火の通り具合を考えながら、火の通りにくいものにだけ、下ごしらえとして圧力鍋を役立てます。


ピース圧力鍋は、玄米と豆類の調理には大変有効です。

適温を考慮して、圧力鍋を正しく理解すれば、圧力鍋の活躍の場が見えてきます。 特に玄米は、短時間で美味しく調理できておすすめです。 また、乾燥豆類なども短時間に熱が通ります。 そして、スネ肉のような硬いお肉、角煮などの厚いお肉、丸ごとの鶏肉などの熱が通りにくいものには 有効でしょう。加えて、いわしなどを骨まで軟らかくしてしまう調理に好まれています。 また、沸騰後に火を止めても、しばらく鍋内は100度以上を保つので、省エネ調理が実現します。